ボートエース 艤装などの記事 (1/4)

2017年 準備

お久しぶりでございます。一年ぶりの更新です。
去年は、家事都合と車のイベントの準備とかで、
なかなか釣りにも行けず、更新も出来ずにいました。
釣行は4~5回行けたかなって感じでした。
今年は今のところ、行く気満々です。

冬の間、ちょこちょこっと艤装してましたので紹介します。
船外機は去年、殆どの消耗品交換しましたので、今年は
軽くグリスアップ程度で終わりました。

タコメーターの取付
去年、通販で購入した(1.000円位)タコ/アワーメーターを付けていたんですが、
誤差がかなりあり、面白くなかったので今年はちょっと高級なヤツ付けてみました。
デイトナ アクアプローバ EZメーター。バイク用です。

002_201703311635081fa.jpg

前の物は船外機に両面テープで貼付けしてましたが、今回は魚探の横に取付し、
見栄えも良いです。
取付ステーは家庭用のスマホホルダーを加工しました。

船外機側の配線取り回し。
カプラーはエーモンの2極防水カプラーです。

011_20170331180953326.jpg

船外機にバッテリーが繋がって無いので、電池で作動するタイプです。


トレーラーのテールランプ変更
ジムニー用のLEDテールランプを付けていましたが、どうしても
丸い4連を付けたくて買っちゃいました。
タイト製もカッコいいのですが、やっぱり4連でした。
ちなみにタウンボックスも4連ですので、それに合わせたかった。

001_20170331163459c2e.jpg

ジムニー用はウィンカーが日がさすとよく見えませんでしたが、
これはレンズの凹凸がありはっきり確認できます。
とても満足しています。
シーマリン製のLEDツインテールです。

スロープレールにキャスター取付
スロープレールがあるとトレーラーを水に浸け無くてもよく
とても便利なのですが、とても重い!
これからは、ボートをトレーラーに乗せた後、そのまま移動して陸に上がってから
スロープレールを収納できます。

003_2017033116351203d.jpg

今回施工した艤装はこれで終わりです。
後はロッド・リールのメンテナンス、ルアー類の収集とかして
ゴールデンウィークから釣行開始です。

005_201703311635230b5.jpg

006_20170331163530ca8.jpg

009_20170331163545f79.jpg

007_201703311636135ae.jpg

010_201703311635501b1.jpg
スポンサーサイト



船外機の整備

今回は船外機の整備とジグの色変えの紹介です。
この時期は、春に向けて艤装や船外機の整備、タックルのメンテしかやることがありません。

まずは船外機の整備から・・・。

去年はシフトレバーが固着して修理しました。
エンジンオイルやギヤオイルは交換しましたが
シール関係、インペラ等はノータッチでした。
今年は5年目ということもあり、インペラやシール関係を
サクッと交換です。

022902.jpg

購入部品です。
いつもの通り、滋賀県のアクアライトさんから購入です。
購入部品
・オイルキャップOリング
・サーモスタット
・ガスケット
・ロアガスケットキット
・ウォーターポンプケース
・ウォーターポンプベース
・キャブ フロートチャンバ O-リング
・イリジウムプラグ

まずはサクッとバラします。

022901.jpg


サーモスタット

前にも1回バラして清掃した事は有るのですが、
やっぱり汚れていました。機能的に問題は無いと思い
ましたが、念の為交換です。

022904.jpg

022905.jpg

上から見ると内部に錆が溜まり、ゴムシールが膨らんでいます。

ガスケットの除去は、車と違って圧力がそんなにかからないので、
そんなに気をつかわなくてもいいんじゃないかなと思います。

こんな感じで良いかと・・・。

022906.jpg

022903.jpg

ロア プロペラシャフトハウジングのシールの交換です

022907.jpg

このシールも定期的に交換した方が良いと思います。
これがやられるとギヤオイルに水が入り白濁します。

ベアリングを外してからシールを外します。チョッと難儀します。
入れる時は、プレスで真直ぐ入れます。

022908.jpg

キャブレターはフロートチャンバーに汚れが無いかのみ点検です。
ジェット等は外しません。ストレーナーが付いているので、基本ゴミは侵入しません。
使用頻度も多いので、ガソリンの凝固も無いです。
ただし、フロートが常に動いていて キャブフロートアームピンが削れて
鉄粉が出ます。この確認と清掃です。

022909.jpg

今回の船外機の整備はここまで、残りは次回で・・・。



ジグのグリーンコールド化・・・。

先日の新年会で、T君より「ダイソーのジグ(40gピンク)が釣れる!」との情報を教えてもらい、
早速買いに行きました。
ピンクがいいとの事でしたが、1個しかなくピンク1個とイワシブルーを沢山購入してきました。
そうです・・・春の色と言えば、グリーンゴールドです。
マッキー黄色の出番です。TGベイトのグリーンゴールドは定番ですが、サワラが居ると
TGが居なくなります。水深20m~30mでは40gで充分です。良く泳ぐということですので、
試してみたいと思います。

a6.jpg

1個塗ると止まりません。
手持ちのイワシカラーは・・・。

a7.jpg

こんなんなりました。


そういえば、去年スズキも鉄板バイブのグリーンゴールドが良かった様な気がします。
平均に釣れる色なんでしょうね・・・。

では工程を・・・。

a1.jpg

普通にイワシカラー

a2.jpg

上だけマッキー

a3.jpg

全部マッキー

マッキーだけではすぐ剥げるので、クリヤーをスプレーして定着させます。

a4.jpg

上が本来のグリーンゴールド、下がグリーンゴールド化したイワシカラー

a5.jpg

我ながら良い出来です。


今回はこの辺で終わりです

トレーラーにバックカメラ取付てみた。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

去年は仕事が思いのほか忙しく中々船の艤装や
タックルのメンテ、トレーラーのメンテ等が出来なくて
今春までの課題となりました。

早速、前から施工したかったトレーラーのバックカメラの
取付してみました。

ルームミラーモニターと車両のバックカメラは既に取付
していたのですが、これにトレーラーのバックカメラの追加です。

モニターは増やしたくなかったので、ルームミラーモニターひとつに
切替で映す事にしました。

普通のバックカメラです。
バックギヤに入れると普通に映ります。

16010401.jpg

連結時、スイッチオンで走行中にも映るようにしました。
スイッチとエーモンリレー(2接点 1586 コンパクトリレー)の追加です。

16010402.jpg

さらにスイッチオン時バックに入れるとトレーラのカメラが映るようにしました。
もう一個エーモンリレー(2接点 1586 コンパクトリレー)と
AVセレクター、ワイヤレスバックカメラの追加です。
ナンバーが水に浸かる寸前で止まれるように確認できます。
左の黒い物体がナンバーです。

16010403.jpg

ひとつのモニターで三つの機能が出来るようになりました。
これで、バックもバッチリです。


さて、話は変わりますが去年の12月に遊漁船エース船長から誘われて、
鱈釣り行ってきました。
鱈釣りは初体験で、水深250mなんて未知の世界です。
当日は凪で船長ブッ飛ばして40分位で飛島につきました。
当日状況はあまり良くないとの事でしたが4本釣らせて頂きました。

16010405.jpg

帰りにちょこっとだけジギングをして鯛一枚釣れました。

16010406.jpg

贅沢な事に乗組員は4人です。

16010408.jpg

竿は4本しか出ていません。

16010407.jpg

お借りした深海セットです。


これから、ゴールデンウィークまで艤装や各メンテナンスをしっかり行って
今年の釣りも有意義に楽しみたいと思います。


船外機の準備

忙しい3月も乗り切り、そろそろ今シーズンの準備。
ボートや、タックルのメンテナンスは去年のシーズンオフ時に
終わっているので船外機の準備です。

去年、インペラ周辺の交換等は終えてあるので、今年はエンジンオイルと、ギヤオイルの
交換位でいいかなと思い交換しました。

ところが、何気にシフトレバーを動かそうと思ったら・・・動きません。固着です。
スプレーオイルを吹きつけながらだましだまし動かしても超渋いです。

覚悟を決めてバラしました。
こんな感じです。

040501.jpg

エンジン側はこんな感じです。

040502.jpg

いくら油をさしても、シフトレバーが中々外れません。
内側から叩いてやっと外れました。

ウォーターギャラリーはアルミの腐食の塊がいっぱいです。
全部綺麗にしてから組み付けます。

今回使用するパーツです。
ハウジング ガスケット
シフト O-リング

040503.jpg

毎週のように使用していると調子が良いのですが、いざ3か月もほっておくと、
油切れの所は固まってしまうんですね。

キャブレターも外れているのでオーバーホールしてみました。
異物の侵入も無く良好でした。
去年、フロートバルブ不良でオーバーフローした為、
今回も交換しました。

交換部品
キャブ フロートチャンバ O-リング
キャブ フロート バルブ
キャブ  取付 ガスケット

次回は組付け編です。

船外機 完成 ~ 外タンク取付

4月になったが、相変わらず忙しい日が続いております。

仕事が終わってからコツコツ仕上げました。

とりあえず、ロアユニットが組みあがりました。
本体に組み付けます。

011.jpg

今回、交換したパーツです。

009.jpg

試運転  勢い良く水が出ます。ギヤオイルも漏れてません。
赤いホースがカッコいいです(自己満足)。

006.jpg




外付けタンクの施工してみました。

インテークマニホールドから負圧を取り、フューエルポンプを取付て
外タンクから燃料を供給します。

コネクター類、プライマリーバルブはトーハツ純正
ニップルはホームセンターで購入
ポンプはバイク用(ホンダ ディオ系用)
フューエルストレーナはキジマ製(ナイロンメッシュタイプ)
ホース分岐のみつまたはオートバックスで購入


インテークマニホールドに負圧を取りだすニップルを取付ます。

010.jpg

負圧はここから。

001_201404061832145dd.jpg

マニホールド~ポンプ
タンク~ポンプ

002_20140406183223879.jpg

ポンプ正面
コネクター

003.jpg

正面~キャブレター

004.jpg

ストレーナー~みつまた

005_201404061832478aa.jpg

3リットルタンク~船外機

007.jpg

アイドリングや空ぶかしではポンプの追従性は問題ない様です。
合計4リットルですので給油は要りません。

色々調べるとトーハツ2.5Bと3.5BのUSモデルは負圧式の
フューエルポンプが標準装備されてるようです。

トーハツ5Cと6Cには上部タンクと外タンクを併用できるタイプが
ありますが、配管の仕方が違います。
当方のはポンプが台湾製なので壊れた時ノーマルのタンクから自然落下
できる様配管しました。




念願の Elite-4 HDI

画面色々設定できます。
最上川河口ではGPSは使用しないので写真右の
ブロードバンドサウンダとダウンスキャンイメージング(DSI)
の使用かダウンスキャンイメージング(DSI)のみの使用がメインとなるでしょう。

008_201404061833123f3.jpg


ゴールデンウィークが待ち遠しい・・・。

インぺラ交換

自動車業界の非常に忙しい3月も終盤。今月は休んでません。
今日は一か月ぶりに仕事お休みです。

ゴールデンウィークに向けて、そろそろ準備開始です。

船外機は今年3年目となり、そろそろインぺラもヤバイと思い交換です。
ハウジングを外しインぺラをみると結構大丈夫です。
釣行後必ず機内水洗していた結果でしょうか。

3101.jpg

しかし、ギヤオイルを抜いた所、若干白濁していたので、
シール全数交換する事にしました。
ボルトを抜くと、白い粉(アルミサビ?)がひどかったので、
タップとダイスでネジ修正かけました。

仕事柄バラして汚い物を見るときれいにしたくなります。

3105.jpg

組付けは、次回のブログで・・・。


ボートの魚探を置くテーブルを作ってみました。

033102.jpg

んっ なんか付いてる。

左端にトリマーでくぼみをつけて、小物が落ちないようにしました。

0302.jpg


間接照明で足元を照らすLEDも完備です。

3104.jpg

脱着式ですので電源と振動子に防水カブラーを取付ました。

3103.jpg

次回に続く。