スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船外機の整備

今回は船外機の整備とジグの色変えの紹介です。
この時期は、春に向けて艤装や船外機の整備、タックルのメンテしかやることがありません。

まずは船外機の整備から・・・。

去年はシフトレバーが固着して修理しました。
エンジンオイルやギヤオイルは交換しましたが
シール関係、インペラ等はノータッチでした。
今年は5年目ということもあり、インペラやシール関係を
サクッと交換です。

022902.jpg

購入部品です。
いつもの通り、滋賀県のアクアライトさんから購入です。
購入部品
・オイルキャップOリング
・サーモスタット
・ガスケット
・ロアガスケットキット
・ウォーターポンプケース
・ウォーターポンプベース
・キャブ フロートチャンバ O-リング
・イリジウムプラグ

まずはサクッとバラします。

022901.jpg


サーモスタット

前にも1回バラして清掃した事は有るのですが、
やっぱり汚れていました。機能的に問題は無いと思い
ましたが、念の為交換です。

022904.jpg

022905.jpg

上から見ると内部に錆が溜まり、ゴムシールが膨らんでいます。

ガスケットの除去は、車と違って圧力がそんなにかからないので、
そんなに気をつかわなくてもいいんじゃないかなと思います。

こんな感じで良いかと・・・。

022906.jpg

022903.jpg

ロア プロペラシャフトハウジングのシールの交換です

022907.jpg

このシールも定期的に交換した方が良いと思います。
これがやられるとギヤオイルに水が入り白濁します。

ベアリングを外してからシールを外します。チョッと難儀します。
入れる時は、プレスで真直ぐ入れます。

022908.jpg

キャブレターはフロートチャンバーに汚れが無いかのみ点検です。
ジェット等は外しません。ストレーナーが付いているので、基本ゴミは侵入しません。
使用頻度も多いので、ガソリンの凝固も無いです。
ただし、フロートが常に動いていて キャブフロートアームピンが削れて
鉄粉が出ます。この確認と清掃です。

022909.jpg

今回の船外機の整備はここまで、残りは次回で・・・。



ジグのグリーンコールド化・・・。

先日の新年会で、T君より「ダイソーのジグ(40gピンク)が釣れる!」との情報を教えてもらい、
早速買いに行きました。
ピンクがいいとの事でしたが、1個しかなくピンク1個とイワシブルーを沢山購入してきました。
そうです・・・春の色と言えば、グリーンゴールドです。
マッキー黄色の出番です。TGベイトのグリーンゴールドは定番ですが、サワラが居ると
TGが居なくなります。水深20m~30mでは40gで充分です。良く泳ぐということですので、
試してみたいと思います。

a6.jpg

1個塗ると止まりません。
手持ちのイワシカラーは・・・。

a7.jpg

こんなんなりました。


そういえば、去年スズキも鉄板バイブのグリーンゴールドが良かった様な気がします。
平均に釣れる色なんでしょうね・・・。

では工程を・・・。

a1.jpg

普通にイワシカラー

a2.jpg

上だけマッキー

a3.jpg

全部マッキー

マッキーだけではすぐ剥げるので、クリヤーをスプレーして定着させます。

a4.jpg

上が本来のグリーンゴールド、下がグリーンゴールド化したイワシカラー

a5.jpg

我ながら良い出来です。


今回はこの辺で終わりです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。